髪育毛剤

毛穴の200万分の1のサイズのPLGAナノ粒子が毛穴のすみずみにまで届いて持続!

 

ナノインパクトは化粧品メーカー生まれの育毛剤で、ナノサイズの技術が惜しみなく使われています。

 

 

この商品を開発したのは、創業から100年の間に技術を培ってきた企業で、ナノ技術を完成させることに成功しています。

 

 

ナノ技術の特徴としてはまず、100兆個ものナノ粒子を頭皮に浸透させたり、成分を12時間以上も送り続けられることなどが挙げられます。

 

 

粒子のサイズは直径約140ナノメートルですから、髪の毛の約700分の1程度の大きさということになるでしょう。

 

 

これまでの育毛剤は、有効成分に主眼が置かれていたり、実際に成分が強化される傾向でした。

 

 

しかし、浸透しなければ行き届きませんから、育毛剤の開発は何時からか浸透性のアップに舵が切られています。

 

 

ナノインパクトはまさに、ナノ技術を取り入れた育毛剤の代表で、期待を集めている商品の一つだといえます。

 

 

有効成分が強力であっても、従来の育毛剤は皮脂や汚れに阻まれてしまい、100%浸透させたり届けることができませんでした。

 

 

また、頭皮の表面に到達することはできても、浸透力の低さによって、毛根まで染み込むのは難しかったと考えられます。

 

 

その点、ナノインパクトは有効成分をダイレクトに毛根に届けたり、長時間効果を与えることを目標に開発されているので、今までの育毛剤とは期待感からして違います。

 

 

100年の歳月とナノ技術の研究によって導き出された答えは、皮脂の隙間を通るナノサイズを大量に投入する方法、そして効果を発揮し続ける粒子の開発です。

 

 

旧世代の育毛剤は、粒子のサイズが大きいばかりか、頭皮を覆っている皮脂などで簡単に阻まれてしまうことが問題でした。

 

 

これでは毛根に届きにくいのも無理はありませんし、有効成分を強化しても結果が出にくいのは当然でしょう。

 

 

一方、ナノインパクトは粒子を小さくして効果を持続するという、有効成分の強化とは異なるアプローチを取っています。

 

 

しかも、その粒子には様々な機能を有する43種類もの成分が含まれていて、大量に毛根に送り込もうとするのが特徴です。

 

 

ナノインパクトの為に開発されたナノ技術は、既に多くの評価を獲得していますし、勿論安全性も認められているので安心です。

 

 

次世代の育毛剤とも呼べる商品ですから、育毛剤はどれを使っても効果が得られない、そう思ってしまっている人にこそ試してみる価値があります。

 

 

歴史ある企業とナノ技術が融合し、地道な研究を経て生まれた商品ですから、優れた質や高い期待感に結び付いています。

 

43種類もの有効成分や保湿成分が独自配合されています。

 

男性の外見上の悩みになってしまうのが薄毛です。

 

 

男性の薄毛は様々な要因によって引き起こされますが、特に影響が大きいのが遺伝と男性ホルモンの問題になります。

 

 

思春期以降に発症するものを男性型脱毛症といいます。

 

 

男性型脱毛症は進行性の脱毛症のため、放っておくとどんどん進行して行ってしまいます。これは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することでジヒドロテストロンという物質に変化します。

 

 

ジヒドロテストロンは、頭皮にある毛母細胞などを攻撃する性質がありヘアサイクルを乱してしまうことで、髪の毛が太く長く育つ前に抜けていきます。

 

 

また、ストレスなどで血行が悪くなってしまうのも原因となってしまいます。

 

 

そんな薄毛を改善するためには、規則正しい生活やストレスの解消などを行うのと同時に体の内側と外側のケアを行います。

 

 

男性ホルモンが原因ですので、男性ホルモンを抑制することのできる薬などを使用すると内側からのケアになります。

 

 

それに加えて外側からケアしていきますが、ケアのための育毛剤は様々なものがあります。

 

 

最近人気の育毛剤の一つがナノインパクトになります。39種類もの育毛成分が含まれており、ナノ粒子になっているため毛根に直接成分を届けることができるとされています。

 

 

成分は様々なものが含まれており、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムは皮脂に反応して吸収して水分を補給するのと同時に頭皮の保水力を向上させて頭皮環境を良くします。

 

 

大豆エキスはホルモンバランスを整えてヘアサイクルの乱れを防いで抜け毛を防ぐ、酵母エキスは皮膚の炎症を改善して抜け毛を減らす作用があり、センブリ抽出液は発毛促進作用や毛根の細胞を活性化することなどが期待できます。

 

 

びわ葉エキスは殺菌や抗菌、かゆみ止めに皮膚の炎症の回復などに効果を発揮することがわかっており、さくら葉エキスは抗炎症作用や抗アレルギー作用、保湿作用などがあります。

 

 

保湿成分のほか、血行を良くする作用もあることから効率的に髪の毛に対して酸素や栄養を行きやすくする効果を期待することができます。

 

 

他の育毛剤に比べて飛び抜けて特別な成分は入っていませんが、しっかり育毛に効果のある成分が入っているということでもあります。

 

 

手堅い成分が入っているからといって、すぐに効果が出てくるわけではないため、生活習慣を整えると同時に長期的に使っていくことが効果を発揮することにつながります。

 

>>ナノインパクト100【最安値】公式通販ショップはこちら<<